「水と暮らしを豊かにする浜松技術プラットフォーム」

Pocket

当社では「水と暮らしを豊かにする浜松技術プラットフォーム(HARP)」に参加しています。浜松市はインドネシアのバンドン市と姉妹提携都市なんだそうです。

手始めにバンドン市で何かやれないか。

と言う事らしいのですが、なんのこっちゃって思われる方も多いのではないでしょうか。いったい何がやれるのか・・・。

それをこれから決めようって事らしいです。

と言う事で明日(2017/7/11)からインドネシアにこの会の数名が行くことになっています。ちなみに浜松市上下水道局の方はもう少し前から現地入りしているそうです。

このバンドン市はジャカルタから車で3時間程度らしいです。と言うのも渋滞で時間が読めないそうです。私はフィリピンには良く行っていますがインドネシアは今回が初めてなので想像もつきませんが、皆さんについて行ってどんな国か見てこようと思っています。

 

それにしても皆さんは何をしようと思っているんでしょう。私は専門外の内容なんです。「水」って書いてあったから喜んで飛びついたのですがほとんどの方が工事屋さんなんです。材料とか設計などなどです。私はお茶屋なんだよなあ。ちなみにこのバンドン市から南に少し行くとジャワティーの茶園があると聞いたので「行きたい!」って思ったのですが、今回の日程が3泊5日でめちゃくちゃハードなんです。さすがにちょっと失礼しますって言ってお茶を見に行く時間はなさそうです。ちょっと残念ですね。

戻ってきたら皆さんに報告させていただきます。

「水と暮らしを豊かにする浜松技術プラットフォーム」」への1件のフィードバック

  1. 浜松技術プラットフォーム 御中
    初めまして小生インドネシア在住18年、中小企業を営んでいる佐藤と申します。
    会社名 PT.SHIBATAYA Engineering シバタヤ エンジニアリング
    所在地 西ジャワ州 デルタマス(バンドンまで車で1時間半)
    先週ジャカルタ新聞で御社が紹介されバンドン市内の上下水道環境改善工事を
    施工との事、弊社は事業に参加希望です。幸い弊社社長はバンドン生まれ、
    従業員もバンドン市内に実家あり地域詳細も十分認知しております。
    先ずは参加可能かお尋ねしたくメールしました。
    小生佐藤が99%実権を握っておりバンドン市内の顧客、友人等沢山居ます。
    日系企業を主体で運営、10月から材料搬送用配管工事を手掛けます。
    事業内容 工場設備の配管、電気工事、コンプレッサ販売、修理
         工場雨漏り補修、ディーゼルエンジン販売、メンテナンス
    人材紹介、育成請負業務など、日本からの派遣員の応援なども可
    商談のベースが分かりませんがご教示いただきたくメールしました。
    ご面倒をお掛けしますが吉報をお待ちしております。
         

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA